ソライトブログ

得意なものはジャンピングキャッチと狼狽売り。銘柄分析、今週の売買記録などの株ブログ

グロースからバリューにシフトしつつある感

f:id:uesugijoh:20211219192850j:plain

保有株状況

f:id:uesugijoh:20211219194142p:plain

f:id:uesugijoh:20211219194212p:plain

※昨日、書いてたんですけど、アップするのを忘れてました。

ちなみに月曜日の今日、AB&C、PRTIMES、イーグランドなどはぶん投げてます。

 

FOMC後に上がってたんで、なんだ織り込み済みで無事通過か、心配して損した。とか思ってたら、翌日、アレでした。全然、織り込んでなかったのかっていう。

アメリカ株は11月にぜんぜん下げてないですけど、日本株は11月中盤からかなり下げていて、特にバリュエーション高めのグロースなんてめためたに売られているわけで、マザーズなんてひどいことになってます。

12月のIPOラッシュなども関係してるんでしょうけど。

個々に見ると売られすぎではという銘柄もちらほら。

さすがに、ここらへんで反発しそうではあるんですけど、マーケットタイミングなんて自分のような下手くそにはわからないので、まあ、運を天にまかせて、あとはお祈りでもしてます。

 

今週の売買

MSOL 売り +598%

 

MSOLは3Qから4Qにかけてコンサルタントが減っているのが気になったので、100株だけ残して売りました。

来期予想は56.3%の増収予想で、もしこの通りになるのなら、現在の株価でも割安だとは思うのですが、まあ、とりあえず。

MSOLは2018年に買って、半年後に2倍になったところで半分は売っちゃってたんですけど、売るのが明らかに早すぎで、その後、10倍程度になりました。

いいタイミングで成長株をつかめても、握力保つのはむずかしいです。

特にMSOLのようなグロース株だと、買ったときはそれなりに安いバリュエーションだったものが、高バリュエーションに評価が上書きされていくわけで「株価、高すぎでは?」という疑心暗鬼にどうしてもさいなまれてしまいます。

持ち続けるのはある種の鈍感力が必要なのかもしれません。

 

MSOL以外ではコメ兵、PRTIMESなどを買い。

 

気になる決算、IPOなど

AB&Company  2021年10月期 決算短信〔IFRS〕

https://pdf.irpocket.com/C9251/p5Zl/j6ZT/riYJ.pdf

 

f:id:uesugijoh:20211219204422p:plain

 

保有株のAB&Company の本決算があり、そこに記されていた来期予想は売上23.4%増、営利45.8%増、当期利益47%増でした。

PERで15倍程度です。

それを受けてPTSでは8%+くらいまで買われていたんですが、翌日の株価は寄り天だろうなあと思いました。

なにせ、この来期予想は決算前から出ていた数字なので、PTSで買っているのは、それを知らない人たち。

その人たちが買ったあとに買ってくれる人はいないだろうと。

で、翌日はやっぱりそのとおりの結果に。

なんで、買う前にちゃんと調べないんだ、とは言いたくはなりますが、自分もちゃんと調べないまま買っちゃうことはよくあるし、また決算後に反射神経オンリーで飛びついてうまくいくこともありますし。まあ、しかたない。

AB&Companyはすでに大損こいちゃってる銘柄ですが、今後の月次で売上や出店状況を見ながら、買い増しするか売るか、判断していこうと思います。

 

ブロードエンター---初値3005円、公開価格を7.7%上回る、マンション向け高速ネットやオートロック | 株探ニュース

 

12月IPO銘柄の一つ、ブロードエンタープライズ(4415)

事業内容としてはマンション向けのインターネット回線提供と平凡なものですが、成長性に対して、割安なのでは?と思い、ちょっと調べてみました。

が、これは買わなくていいかなあという判断です。

理由は2つ。

12月決算なので、現在、通過しているのですが、売上は

1Q 548(百万円)

2Q 511(百万円)

3Q 528(百万円)

となっていますが、今期の業績予想を達成するためには4Qで852(百万円)の売上が必要。

QonQで伸びてる感もないですし、これは達成できるのかなあという不安。

もう一つは、来期から収益認識の新基準を採用するので、本決算時に示される来期予想の見た目がかなり悪くなる点。

これを考えると買うにしても次の決算まで待ったほうが明らかにいいように思います。